強いSE・ITプロフェッショナル人材を育てる エディフィストラーニング株式会社

Microsoft 365

Microsoft 365 のライセンス【MS-900 試験対策と模擬問題(3)】

2022.04.12  最終更新:2022.04.14

MS-900 資格試験の合格をめざす方に、MS-900 資格試験のポイント解説と模擬問題をお届けします! 今回は、Microsoft 365 のライセンスについて解説。解説の後には、模擬問題もありますよ。

MS-900 Microsoft 365 Fundamentals(Microsoft 365 基礎)は、エンジニア・コンサルタント・営業など、Microsoft 365 に関わる幅広い方におすすめの資格試験です。
MS-900 試験とは
MS-900 のおすすめ研修はこちら

クラウドセキュリティを学ぶSC-900コースが今だけ無料

Microsoft 365 のライセンス

Microsoft 365 のプランは、一般法人向けと大規模企業向けに、2種類が用意されています。

一般法人向け Microsoft 365 Business Premium

一般法人向けプランに該当するのは、Microsoft 365 Business Premiumで、ユーザー数が300名以下の企業をターゲットとしたプランです。

Microsoft 365 Business Premium には、Microsoft 365 Business Standard(Word や Excel、OneDrive for Business や SharePoint Online などが含まれる)といったユーザーを強力にサポートするビジネスアプリに加えて、強力なクラウドの認証基盤である Azure AD Premium P1、登録したデバイスをクラウドベースで管理する Microsoft Intune、メールやドキュメントを脅威から保護する Microsoft Defender for Office 365 Plan1 など、さまざまなサービスが含まれます。

大企業向け Microsoft 365 Enterprise

一方、大規模企業向けプランに該当するのは、Microsoft 365 Enterpriseです。Enterprise には、E3、E5、F3 といったプランが用意されています。

Microsoft 365 のプラン

Microsoft 365 Enterprise のプラン

Microsoft 365 は、Office 365、Windows 10/11、Enterprise Mobility +Security の3つのサービスがセットになって提供されていますが、この3つのサービスの E3(Office 365 E3、Windows 10/11 Enterprise E3、EMS E3)を集めたものが、Microsoft 365 E3 で、E5 を集めたものが Microsoft E5 です。

Microsoft 365 Enterprise のプラン

Microsoft 365 E3

Microsoft 365 E3 は、Microsoft 365 Apps の最上位の製品である Microsoft 365 Apps for enterprise や作業を効率化するための Power Platform、企業データや個人の働き方を分析する高度な分析ツール、脅威対策、情報保護、セキュリティ管理やコンプライアンス管理機能などさまざまな機能をサポートしています。

Microsoft 365 E5

Microsoft 365 E5 は、Microsoft 365 の最上位のライセンスで、E3 に含まれる機能に加えて、電話システムや電話会議、Microsoft Defender for Endpoint P2、Microsoft Defender for Office 365、Microsoft Defender for Identity など Microsoft 365 Defender を構成する高度なセキュリティ管理機能をサポートします。

Microsoft 365 F3

最後に、Microsoft 365 F3 です。Microsoft 365 F3は、ファーストラインワーカー向けの製品です。

ファーストラインワーカーという言葉を聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、「現場の第一線で働く人」という意味で、商品やお客様、患者様に最初に接する人を表しています。例えば、飲食店や衣料品店などの店舗で働く従業員の方や、看護師や医師、介護職員の方、工場で検品作業をする方などがファーストラインワーカーに該当します。

ファーストラインワーカーの方々は、1日中椅子に座ってデスクトップPCでドキュメントを作るという作業を行うというよりは、立ったままタブレット端末などを利用して業務アプリに入力を行うという作業が多いことが想定されます。そのため、デスクトップ用の Office アプリは付属していません。Web 版およびモバイル版の Office アプリのみが利用可能です。また、メールボックスのサイズは2GBに制限され、OneDrive のストレージサイズも1人当たり2GBに制限されます。

 

Enterprise のライセンスも、働き方によってさまざまなプランを選択できるようになっているわけですね。

では、ここまでの内容を踏まえて問題を見ていきましょう。

「MS-900 Microsoft 365 Fundamentals」試験のお試し問題に挑戦!

Microsoft 365 のプランについて確認したところで、プランに関する問題を見てみましょう。

問題:どのようなMicrosoft365ライセンスが必要ですか

この問題の答えを知りたい方は、資料をダウンロードしてみませんか。資料には、研修コースの内容もちょっとだけ含まれていて、どんなコース内容か覗いてみていただけます。

 

この記事を書いた人
甲田講師甲田 章子
エディフィストラーニング 講師

Microsoft 365 トレーニングの第一人者。マイクロソフト認定トレーナー(MCT)。マイクロソフト Windows Insider MVP アワード を 2021年まで6 年連続受賞。解りやすい図で正しく機能を理解していただくこと、運用環境でどう活用できるかを説明することを心がけている。

試験対策セミナーのご紹介

MS-900 試験は、非常に広範囲から出題されます。試験のポイントを網羅的に効率よく学習したい方は、研修コースの受講をおすすめします。

試験に出題される機能やサービスをしっかり理解しながら、模擬問題を解き、試験に合格するために必要な知識を習得しましょう!

MS-900 Microsoft 365 Fundamentals 試験対策セミナー

関連資格・コースを含めた受講コースフローはこちらです。

Office 365 + Microsoft 365 コースフローを見る

【MS-900 試験対策と模擬問題】連載一覧

第1回 セルフサービスパスワードリセット(SSPR)
第2回 Microsoft 365 の暗号化
・第3回 Microsoft 365 のライセンス(本記事)

甲田章子の「よくわかる Microsoft 365」【連載シリーズ】

クラウド技術者を育てたい企業様へ

クラウド&AIエンジニア育成のための

Microsoft Azureトレーニングガイド

ダウンロードする(無料)